トップページ
トピックス
あらまし
業務内容
相談・支援
アクセス
ジョブコーチ
リンク集
福岡市障がい者就労支援センター
ジョブコーチ
 このページでは、障がいのある方の職場定着を支える「ジョブコーチ」の具体的な支援と活動についてご紹介します。
ジョブコーチとは
 ジョブコーチとは、アメリカのリハビリテーション法の改正(1986年)によって「Supported Employment(援護付き雇用)」のもとアメリカで制度化された、障がいのある方の職場適応と定着を支援する職員です。
 従来は、訓練してから就職という流れが主流でしたが、現在は、職場に入って必要な支援をしていくという方向に支援の方向性が変わってきています。
 日本においても、平成14年度から、地域障害者職業センターでジョブコーチによる人的支援事業が開始されています。
ジョブコーチによる支援
 ジョブコーチは、障がいのある方が職場で自立して働くことができるように支援することを目的としますが、その役割と支援のステップを簡単に整理すると、次のように整理できます。

【ジョブコーチの役割】

障がいにあった仕事の組み立てを整理し、提案します。
理解しやすいように作業工程をシステム化することや、職場環境を整えるなどして仕事の理解を進めます。
通勤や休憩時間の過ごし方など、職場生活に必要な生活面での支援を行います。
1人で仕事ができるよう、他の従業員の方に、覚えやすい仕事の教え方や、接し方などを伝えていきます。
職場定着後も、定期的に職場を訪問し、課題があればその改善に向けて調整に努めます。

【ジョブコーチによる支援のステップ】  

1. 障がいのある方のアセスメント
→就職に必要な情報を整理します。
2. 職場のアセスメント
→職場の環境や情報を整理します。
3. マッチング
→ご本人と職場のニーズのすりあわせをします。
4. 職場での支援
→わかりやすい教え方などで仕事の理解を進めます。
5. フェイディング
→従業員の方による自然なサポート体制の形成を念頭に置き、従業員の方に仕事の教え方や接し方を引き継いでいきます。
6. フォローアップ
→定期的に、連絡や訪問をし、就労の継続を支えます。

ジョブコーチ支援の一場面
このページのトップに戻る

Copyright © 福岡市障がい者就労支援センター All Rights Reserved.